梅ヶ島チャイ

チャイは紅茶にスパイスを加えて煮こんだ飲み物でインドを中心に幅広く飲まれています。スパイスは場所や家庭によってさまざまなものが使われます。

<紅茶>

活性酸素を除去するてアフラビンや紅茶フラボノイドを含み、紅茶カテキンには糖分分解酵素が、カフェインには脂肪分解作用が含まれているとされ、テアフラビンやカテキンには殺菌作用があるため風邪ウイルスの活性を抑え、感染を防ぐとも言われます。

<スパイス>

クローブ

*抗酸化作用(胃腸の調子が良くなり、動脈硬化や冷え性が改善される例も)

*鎮痛、抗菌作用(局所麻酔にも使われる鎮痛作用も)

*メンタルを安定させる(興奮を鎮める、落ち込んだときは気力を高める、記憶力を高めるなど)

ジンジャー

*身体を温める(血流をよくし、内臓の働きを活発にする)

*免疫力を高める(白血球の流れを良くするため、免疫力が上がる)

*胃腸の働きを良くする(健胃作用があり、消化を助ける)

カルダモン

*口臭予防(口臭の原因となる消化システムそのものを改善)、胃酸過多、むかつき

胃の中の空気含有量を減らすので消化がしやすくなる

*貧血(赤血球を作るための材料の銅、鉄、ビタミンB2が含まれている)

◾︎シナモン

*毛細血管を修復させ、丈夫にするため、シミ、シワ、たるみの予防と改善

*脂肪細胞を小さくすることと、中性脂肪、コレステロールを下げるため、ダイエットに

 

*殺菌作用、解熱作用が風邪の予防と改善

<オリゴ糖>

*便秘解消(ビフィズス菌のエサとなり、善玉菌を増やすといわれています。腸内環境が整うことで、身体に必要なものがスムーズに吸収される)

*ダイエットに(甘さ控え目で、カロリーが低い)

*タンパク質、カルシウム、ミネラルなどの吸収を助ける。

ページ上部へ戻る